FSSC22000について FSSC

安心感のある
「モノづくり」の実現

中央製版の製造するパッケージは食品・化粧品・製薬といった製品に使用されます。
私たちはお客様だけでなく、最終的に私たちの製品を手に取る消費者の方々を考え、お客様と同じ視点での厳しい衛生管理を行っています。

FSSC 22000とは

「FSSC 22000」とは、”Food Safety System Certification 22000”の略で、食品安全マネジメントシステムの規格です。

食品小売業界が中心の非営利団体、国際食品安全イニシアチブ(GFSI : Global Food Safety Initiative)により、食品安全の認証スキームの一つとして承認された規格になります。

FSSC22000は、ISO22000の内容に「ISO/TS 22002-1 またはISO/TS 22002-4」および「FSSC独自の追加要求事項」を統合した国際規格です。ISO22000だけでなく追加事項に関する認定も必要となります。

ISO 22000、ISO 9001-HACCPとの関係

食品衛生最高峰の認証 FSSC22000取得への想い

「FSSC22000」は、食品安全管理を実践するためのマネジメントシステム規格です。主に食品を扱う会社・工場が取得するケースが多く、パッケージ印刷を中心に行う私たちがなぜ取得するのか?と疑問に思われることもあるかと思います。

実は私たちが製造するパッケージは食品や化粧品、健康食品などがほとんど。もしパッケージに不備があればお客様だけでなく消費者の方にも影響があるのです。

これまでも別規格などでお客様に製品をお届けするまでのプロセス管理を徹底してきました。しかしより自信を持って安全な製品をお届けするために、全社一丸となってプロセス管理を食品安全管理の規格「FSSC22000」の取得に合わせて一から見直し、すべての要求事項に関して適用されるように改善・強化を行い、取得することができました。私たちの工場は食品も扱えるほどの衛生環境が備わっており、これによってお客様により安心安全なパッケージ製品を自信を持ってご提供できるようになったのです。

プロジェクトメンバー

プロジェクトリーダー 品質保証部 部長 大越 勲

プロジェクトリーダー 品質保証部 部長

大越 勲

製造部 部長 塚田 泰志

製造部 部長

塚田 泰志

製造部 次長 石綿 瞬

製造部 次長

石綿 瞬

6つの認証取得の効果

食品の安全な提供に関するリスクの低減

業務効率の改善や組織体制の強化

仕事の見える化による業務継承の円滑化

継続的な改善による企業価値の向上

法令順守(コンプライアンス)の推進

海外企業を含む取引要件の達成

具体的な取組

最適な衛生環境を保つ管理体制

最適な衛生環境を保つ管理体制

確実な食品安全管理を実践するため、FSSC 22000に乗っ取ったきめ細かい衛生管理体制を築いています。ユーティリティ面や廃棄物の処理方法、汚染の予防手段をどうするか、清掃・洗浄の手順やタイミング、ハザード管理など、様々な観点で衛生管理に問題がないか、問題が生まれないためにどうするかを定めています。

衛生状態を保つ設備

衛生状態を保つ設備

高水準の衛生環境を維持するため、設備投資等のハード面でも防虫・衛生対策を実施しています。工場内はクリーンエリアとなっており、エアシャワーやセキュリティゲートはもちろん、ダブルシャッター・FIX窓といった衛生環境の悪化を予防する設備を取り揃えています。設備と管理体制、ハードとソフト面の両方から製造工場の衛生環境を保つことを狙っています。