会社案内 Company

会社概要

アクセス

本社へのアクセス

〒955-0168 新潟県三条市下大浦518
Tel.0256-46-5353 Fax.0256-46-5355

東京営業所へのアクセス

〒110-0005 東京都台東区上野7-2-7 SAビル6階
Tel.03-5828-7001 Fax.03-5828-7002

大阪営業所へのアクセス

〒530-0047 大阪市北区西天満2-2-3 ユニシオ西天満二丁目D-01
Tel.06-6362-5252 Fax.06-6362-5253

福岡オフィスへのアクセス

〒810-0041 福岡市中央区大名1-8-20 大名クリエートビル201号室
Tel.092-717-8539 Fax.092-717-8541

会社沿革

昭和37年
現相談役小林敬典が三条市居島358番地に小林写真製版を設立。
凸版並びに平版の写真製版を専業として9月2日に開業。
昭和38年
株式会社中央製版を設立。
版下部門と写真植字機、撮影部門を設け、デザインから製版までの一貫生産体制を確立。
昭和41年
ローランド印刷機を増設し、印刷業に転業。
昭和48年
三条市西本成寺1-34-19に印刷工場建設し本社を移転
昭和51年
三条市西本成寺に倉庫及び配送センターを建設。
昭和53年
三条市西本成寺1-34-19に2号棟を建設、拡張
昭和56年
三条市下大浦に倉庫を建設し、後の加工部門設立へ
昭和58年
資本金3,000万円に増資。
三条市西本成寺1-34-19に3号棟を建設、拡張
昭和59年
紙器加工部門を設立。加工スタッフを大幅増員。
パッケージメーカーとしての方向性を明確にする
平成6年
営業エリア拡大のため、東京営業所開設
平成7年
製版設備レナトス、B全イメージセッター導入し製版工程を内製化
平成8年
菊全4色コーター印刷機R704LV、小型グルアーを導入し、
高付加価値パッケージへの対応強化
平成9年
三条市下大浦(旧下田村)に第6倉庫を建設し在庫機能強化
平成10年
菊半5色印刷機R305導入。小ロット対応強化。
平成11年
クレオ製CTPサーマルセッター導入。
小林也人社長就任
平成12年
ISO9002取得。
菊全6色コーター印刷機R706LV導入し高付加価値対応強化。
2シフト体制開始。
平成14年
CTPを「PT-R8000」に更新。
保内アッセンブリ工場設立。
下田工場防虫対策工事。
抜きズレ検知器。
東京営業所を台東区上野へ移動し拡張。
平成15年
True Flow+新セッター導入。
平成16年
日本で2台目のケーキロック導入。
Artios CAD導入。
小林吾郎社長就任
平成18年
東京営業所にCAD設備を新設。
サンプルカットサービス開始。
平成19年
印刷検査装置BOTHシグマセンサーをローランド704、706に設置
シリンダー、GTP箔押機を導入し、箔押工程を内製化
平成21年
東京投資育成会社の投資を受け資本金を4500万円に増資
新製函機(HD1100MC型ストレートグルアー)を導入。
マンローランド R-704LV HiPrintに更新
大型フラットベッドUVプリンタ(JFX 1631)導入。
本社を本成寺工場に統合。効率化をはかる。
平成22年
ハママツ・ラミネータ導入しラミネート加工まで内製化。
平成23年
受注拡大により製函機、ブランクス検査装置を増設し検査体制を強化。
平成24年
新潟営業所を開設
経済産業省 IT経営実践企業認定
三条市下大浦518に新社屋を建設
衛生環境と生産効率が格段に向上
平成26年
大阪営業所を開設
平成27年
新潟営業所を閉鎖
日本パッケージングコンテスト デザイン賞受賞
スクリーン印刷機を導入。
パッケージの表現力が格段に向上
受注アップに対応するため、打抜機を増設。
平成28年
東京営業所を移設
平成29年
Koenig&Bauer社製印刷機Rapida1067色+コーターを導入
高生産性と高付加価値を両立
平成30年
福岡オフィスを開設
令和2年
地域未来牽引企業に選定
FSSC22000取得